日々の買い物・コスメ・今週のネイル・読書感想などを携帯画像でつづります♪気軽にコメント・TB残してくださいな♪


by z-_-z
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:本( 175 )

b0055308_21324566.jpg

☆十角館の殺人@綾辻 行人☆

1986年3月26日、九州の孤島「角島」にやって来た大分県K**大学の推理小説研究会のメンバーたち。この島では、半年前に通称「青屋敷」が炎上し、焼け跡から主人の中村青司とその妻・和枝、住み込みの使用人夫婦の計四人が死体で発見されていた。しかも、夫人の左の手首から先は刃物で切り取られていた…。島の奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受ける連続殺人の罠。仲間が一人、また一人と死んでいき、残された者はお互いを疑い、不安と恐怖が彼らを襲う。考え抜かれたトリックと大どんでん返しが読者を唸らせる本格ミステリー。

古典的なミステリー。
密室と言っていい、人里離れた館での連続殺人事件。
一人一人殺されていく中、犯人は仲間の誰かだ!!!

こーゆう謎解き物って苦手。
読むのに夢中になって、誰が犯人かなんて考えてる暇ありません・・・

作者の綾辻 行人氏のデビュー作だそうです。
●●の殺人シリーズはたくさん出ているので、読破してみようかな♪

勝手に採点→★★☆☆☆

本・読書ランキングにも参加中♪現在、723位!
[PR]
by z-_-z | 2007-04-25 21:43 |
b0055308_21224478.jpg

☆陽気なギャングの日常と襲撃@伊坂 幸太郎☆

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!

映画化にもなった「陽気なギャングが地球を回す」の続編。
前の内容は、ほとんど忘れてしまってますが・・・
個性的な登場人物が面白い!
強盗なんだけど、みんないい人すぎ(笑)。
今回は、特に天才スリの久遠が印象強かったです。

勝手に採点→★★★★★

本・読書ランキングにも参加中♪現在、703位!
[PR]
by z-_-z | 2007-04-18 21:23 |

絲的メイソウ@絲山秋子

b0055308_21183672.jpg

☆絲的メイソウ@絲山秋子☆

迷走、瞑想? 生きることは、ジグザグだ。ああ、人生はなんてジグザグにしか進まない! 「袋小路」からジグザグへ、いつもあちこちに本気で立ち寄り続 けて考えた、そして感じた。絲山秋子、初のエッセイ集。今の時代に鈍感でいることはできない。

この作者の本、読んだ事あったけな?
先にエッセイを読んでしまいましたわ。。。。
2006年『沖で待つ』で第134回芥川賞受賞した作家さん。
糸二つで苗字は、イトヤマ。珍しいお名前ですね。

作風はわかんないけど、単純にエッセイとして面白かった。
酒好き・ヘビースモーカー・自炊しない。と男まさりな生活。
でも作家さんだけあって、都内に住んではいるけど、群馬にも物書き部屋を借りてるらしい。
恋愛物は書きそうもないけど、著書を読んでみたいです。

勝手に採点→★★★★☆

本・読書ランキングにも参加中♪現在、644位!
[PR]
by z-_-z | 2007-04-08 21:34 |
b0055308_23473393.jpg

☆オロロ畑でつかまえて@荻原 浩☆

過疎の山村・牛穴村の青年会と、倒産寸前の東京の広告代理店が組んでデッチ上げた「村おこしキャンペーン」とは? おかしくて、ちょっと哀しい人間群像を軽妙なタッチで綴る。

単純に面白かった。
頭からっぽにして読めました(笑)

超ド田舎の村おこし奮闘記なんですが、
登場人物がひとくせ・ふたくせあって笑えます。
あまりにも素朴過ぎて、なにやっても許せる感じ。
題名の「オロロ」とは、この村特産の「オロロ豆」の事ですが、
実際にあるもんなのかしら?
あるなら食べてみたい♪

第10回小説すばる新人賞受賞作。

勝手に採点→★★★★☆

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、548位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-04-03 23:47 |
b0055308_22411867.jpg

☆ライオンハート@恩田 陸☆

いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ……。17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って――。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。

時空を越えてのラブストーリー。
ヨーロッパが舞台なんですが、
くっつきそうでくっつかない2人を結ぶキーアイテムが素敵なの。
・優雅な飾り文字の縫い取りが入っている、白いハンカチ
・一角獣と女の人が対になっている紋章

これは映画化して欲しいな。
でも、日本人じゃこの雰囲気は出せないでしょう・・・

勝手に採点→★★☆☆☆

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、740位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-03-28 22:41 |
b0055308_21592428.jpg

☆スカイ・クロラ@森 博嗣☆

僕はまだ子供で、ときどき、右手が人を殺す。その代わり、誰かの右手が、僕を殺してくれるだろう-。近未来を舞台に、戦闘機パイロットである「僕」の日常を描き、「死とは」の問いに挑む。

不思議なお話。
設定は近未来なんだろうけど、日本なのか海外なのか。

sky crawlers=(直訳)空を這い回る者たち。
登場人物は、パイロット。
軍事目的の為に、死ぬ事がない人間?
そんで、子供のまま成長しない?
アニメにしたら面白いかもしれないですね。
と言うか、読みながら「攻殻機動隊」を思い出しちゃった。
ただ、草薙(くさなぎ)って言う女の子が出てきたからなんだけどね。

勝手に採点→★☆☆☆☆

空飛ぶダンボ今日は、「ダンボ」のダンボ

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、655位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-03-24 22:08 |

舞姫通信@重松 清

b0055308_193586.jpg

☆舞姫通信@重松 清☆

ラストシーンは、もう始まっているのかもしれない。人は、誰でも、気づかないうちに人生のラストシーンを始めている。17歳で死んだ「自殺志願」のタレント城真吾にとっては、16歳は晩年だった。城真吾は教えてくれた。人は死ねる。いつ。いつか。いつでも―。でも、僕は思う。僕の教え子の君たちの「いつか」が、ずっとずっと、遠い日でありますように。教師と、生徒と、生と死の物語。

主人公は、女子高の男の先生。
その学校では、10年前に学校内で自殺した女子生徒の事を
誰かが「舞姫通信」として、延々と伝ってる。
多感な時期の生徒達は、舞姫の事群像化してある意味憧れてる・・・
そこに彼女と心中しようとしたが失敗し、生き残った少年がタレントして登場。
自殺とはいけないことか?いいことか?

う~ん。考えさせられると言うか、重い内容ですね。

勝手に採点→★★★☆☆

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、583位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-03-16 19:34 |
b0055308_2048185.jpg

☆三谷幸喜のありふれた生活(5)有頂天時代@三谷 幸喜☆

映画「THE有頂天ホテル」も大ヒット、大河ドラマ史上初の続編「新選組!! 土方歳三最期の一日」や、世界のイチローが殺人犯を演じて話題の「古畑任三郎ファイナル」、初の歌舞伎作品「決闘!高田馬場」に、NHK大河ドラマ「功名が辻」出演など、人気脚本家はあいからずの超多忙。とびの大出血やパソコンのウイルス感染と、プライベートでも波乱万丈な『ありふれた生活』、待望の第5弾。

劇作家・演出家・映画監督・・・の三谷さんのエッセイ。
「THE有頂天ホテル」は、三谷さん作品でお馴染みの俳優さん達が
いっぱい出演していて面白かったぁ~。
「古畑任三郎ファイナル」は、見ていない・・・
イチローは、すんごい三谷ファンだったらしい!
DVDも全て持っていて、台詞も暗記してしまったくらいのマニア!
喜んで犯人役を引き受けたんだって。
今度、ツタヤで借りてきます。

プライベートでは、少しおっちょこちょいの犬&猫好きなおじさん(笑)
奥さんのためにお料理作ってあげたりして、ほのぼの家庭が垣間見れます。

勝手に採点→★★★★★

あくび(ダルメシアン)今日は、「101匹のわんちゃん」のダルメシアン

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、583位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-03-05 20:55 |
b0055308_21412685.jpg

b0055308_21413830.jpg


☆御手洗パロディ・サイト事件上、下@島田 荘司☆

司法試験に失敗した女子大生小幡が謎の失踪を遂げる。小幡の友人犬坊里美は石岡に助けを求める。小幡の部屋のフロッピーディスクから、インターネットで展開された御手洗潔の22編のパスティーシュ・ノベルが見つかった。小幡の失踪の背景にパスティーシュ・ノベルがあると判断した石岡は、里美と共に懸命にパスティーシュ・ノベルの解読にあたる。「レオナがエジプトで拾った青い指輪」「校長室の絵から抜け出した少女」「鉄壁のアリバイを持つ不倫殺人」etc.のピースが絡み合い、謎はますます謎を呼んで。1行1字たりとも気を抜けない新感覚ミステリー。

パスティーシュとは、
フランス語で、ある作家や作品の文体を模倣し、作品を作ること。

これは珍しい短編集。
ファン?が書いた御手洗小説がたくさん掲載されてます。
ネットのファイサイトで実際にこーゆうのあるんでしょうかね?
著作権はどーなの?って感じですが・・・

1話が短いので読みやすかった。
島田 荘司作品を読んだ事のある人だったら、
いろんな登場人物、事件のその後的物語のてんこ盛りなので楽しめると思います。

勝手に採点→★★☆☆☆

蒸気船ウィリー今日は、「クラシック」のミッキー

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、583位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-02-27 20:00 |
b0055308_22438.jpg

☆さよならの代わりに@貫井 徳郎☆

劇団の看板女優が、上演中に控え室で殺害された。事件と前後して現れた、真犯人の存在をほのめかす謎の美少女。僕は、彼女と共に事件の真相を追い始める…。切なさが込み上げるミステリー。

ミステリー&ファンタジー&青春?作品。
赤川次郎+東野圭吾みたいな内容。
爽やか系なので、あっさり読み終わりました。
でも、ラストの謎の美少女がやって来た時間経緯がややこしい・・・

勝手に採点→★☆☆☆☆

すってんころりん(グーフィー)今日は、「ミッキー&フレンズ」のグーフィー

←本・読書ランキングにも参加中♪現在、678位!Y
[PR]
by z-_-z | 2007-02-16 22:09 |