日々の買い物・コスメ・今週のネイル・読書感想などを携帯画像でつづります♪気軽にコメント・TB残してくださいな♪


by z-_-z
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

龍臥亭事件(上・下)@島田荘司

b0055308_063895.jpg

☆龍臥亭事件(上・下)@島田荘司☆

御手洗潔が日本を去って1年半。彼の友人で推理作家の石岡は、突然訪ねてきた二宮という女性の頼みで、岡山県まで悪霊祓いに出かけた。2人は霊の導くままに、寂しい駅に降り立ち、山中分け入り、龍臥亭という奇怪な旅館に辿り着く。そこで石岡は、世にもおぞましい、大量連続殺人事件に遭遇した。推理界の奇才が、渾身の筆致で描く本格ミステリー超大作。

作者の島田荘司は、実在の事件を元に小説にしたものも多くあるんですが、これは「津山三十人殺し」が元ネタです。ちなみにその事件とは、

昭和13年5月21日午前1時頃より同3時頃までの間に、岡山県津山市の北方約6里の苫田郡N村の一部落に発生した一青年の凶暴凄惨極まりなき犯行である。犯人はまず自己が幼少より慈育された祖母の首を大斧にて刎ね、ついで九連発猟銃及び日本刀その他の凶器を携え、異様の変装をなし、民家11戸を襲い、僅か1時間足らずの間に死者30名重軽傷3名を出したるのち、同日午前5時頃現場付近で猟銃自殺を遂げたもので、我が国のみならず、海外に於いても類例なき多数殺人事件である。

なお、一人の犯人の大量殺人被害者数では世界3位らしいです。私は、この事件のことも全く知らなかったんですが、横溝正史『八つ墓村』の元ネタでもあると分かってまたまたびっくり!あの頭にハチマキ巻いて、懐中電灯2つさしてる姿と言えばお分かりになる方も多いはず。これは、「津山三十人殺し」の犯人の格好なんですよ!
本書は、かなり詳細な↑の犯人像なども書かれているので、とっても興味深くおもしろかったです。


勝手に採点→★★★★★

←ここにもおすすめがいっぱい♪
[PR]
by z-_-z | 2005-02-11 00:09 |